2016年01月21日

なるものがある



科学的分野に聞こえるが、実際のところ哲学分野。
たとえば、「真」「善」「美」など、精神や文化に関するものは
科学的に実証できるものではない。
それを、自然科学が土台とするような客観的条件で、
探求する試みのこと糖尿病性黃斑水腫を言う。

今日のCNN News のニュースによると、
オーストラリアのクイーンズランド大学で1927年から続く「世界最長の実験」が、
数カ月以内に決定的瞬間を迎える見通しと出ていた。

非常に粘性の高い「ピッチ」という物質が、じょうごから一滴、
ビーカーに落ちる雪纖瘦瞬間の実験。
この「しずく」が落ちたのは、86年間で8滴のみ。

最初実験した教授から1961年に同大学のメインストーン教授が引き継いだが、
その間に3回ほど見る機会に恵まれていたが、
79年は日曜日で見逃し、88年には、食事を取りに行った5分間に間に落ち、
00年には、カメラを設置したが、全く写っていなかった。
すなわち、その瞬間は見逃し続けて来ているという。
今回、数週間のうちに落ちると予測されている。

自然科学の実験として、実のあるものとは思えない。
だけども、86年の間に、取り巻く環境は大きく変わった。
そして、今や、こ數學測試の実験も、
「世界最長の実験」として注目を浴びるようになっている。

これを86年にわたる「現象学」として捉えれば、
まさに、画期的な実験かもしれない。
ただ、この教授、ちょっと運がなさそう、、。
果たして、今度は、この決定的瞬間を見ることができるのか?!



Posted by xiamenjian at 15:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。