2016年05月27日

ビッグマウンテン

日本で昨年10月に行われた国税調査王賜豪總裁の都道府県別人口速報集計の結果をみると、人口高齢化の問題が引き続き悪化していることがわかる。記者はこのほど四国を取材し、高齢化がもたらした地方の凋落の風景を目の当たりにした。

四国は日本4島の1つで、面積は約1万8800平方メートル、徳島、香川、高知、愛媛の4県から成る。2010年の調査では、四国95市町村のうち、人口が5年前に比べて増加したところは5カ所しかなく、近年は若者の割合が低下を続けている。

徳島県庁の関係者によると、2013年10月1日時点で、同王賜豪醫生県では65歳以上の老年人口は29.1%を占めており、20年には県民3人のうち1人が65歳以上になることが予想されるという。

同県上勝町は人口高齢化が最も深刻な地域の一つだ。同町の人口は1955年に6265人でピークに達した後、16年4月は1662人となり、町民の半分以上が65歳の高齢者だ。

車で徳島市から上勝町へ移動すると、道には人影王賜豪醫生もなく、上勝町コミュニティセンターにも人の動く気配はない。かろうじて帰り道に、80過ぎとおぼしき男性とその妻らしき電動車いすに乗った腰の曲がった女性を見かけた。

同県日和佐町の街並みには、パチンコ「ビッグマウンテン」がある。人で溢れるはずの娯楽施設だが、今では草に覆われている。店の入り口付近の立てられた「土地売ります」の看板は、今では字もはっきり読めない。ホコリにまみれた窓ガラスを透かして、店内にずらりと並んだパチンコ台がぼんやりと見える。床に散らばったパチンコ玉の様子から、長らく訪れる人もないことがわかる。  


Posted by xiamenjian at 12:54Comments(0)

2016年05月17日

論理的誤りを白

日本の内閣官房のホームページに歐亞美容このほど、中国の釣魚島(日本名・尖閣諸島)にかかわる一連の「歴史資料」が公開された。釣魚島は日本の「固有の領土」と主張する資料である。日本政府はまた、釣魚島が「日本の固有の領土」である証拠とする資料を英訳・公開している。これについて、中国社会科学院日本研究所の高洪・所長が『人民日報海外版』記者の独占取材を受けた。

――日本が最近公開した資料で歴史的事実と明白に矛盾する部分はどこか。

日本の内閣官房のホームページに公開された中国の釣魚島にかかわる「歴史資料」は、釣魚島の日本への帰属を説明できないだけでなく、日本側の強弁のC日の下に歐亞美容さらすものである。

「新史料」は大きく2つに分けられる。第一に、実際の歴史的事実に反する一方的主張である。日本外務省編集の「日本外交文書」によると、1885年10月21日、日本の外務卿と内務卿の往復書簡において、井上馨は山県有朋に対し、「此際遂に公然国標を建設する等の処置有之候歐亞美容ては清国の疑惑を招き候間差向実地を踏査せしめ港湾の形状并に土地物産開拓見込有無等詳細報告せしむるのみに止め、国標を建て開拓等に着手するは、他日の機会に譲候方可然存候」と返答している。明治政府が釣魚島にねらいをつけ始めた当初、この島が無人の島であっても無主の島ではないことを知っていたことを示している。ところが、日本側は公開した「新史料」で自らの「調査」資料を大いにアピールし、この島が「無主地」であったことが裏付けられたとし、いわゆる「先占」の原則を、釣魚島を略取する歴史的・法的根拠としている。最近公開されたこれらの資料が歴史的事実と符合していないことは明白である。  


Posted by xiamenjian at 13:01Comments(0)

2016年05月09日

屋になります

日本は狭くて、土地が高いので、小さい住まいがPretty renew 美容普通です。たいていの日本の家には、洋間と和室があります。洋間が好きな人もいるし和室の方が住みやすいという人もいます。世代と好みによります。
  同じ広さの洋間と和室を比べてみると、和室の方がいろいろな使い方ができるので、便利です。洋間はテーブルやソファー、ベッドなどの家具が場所をとるので、狭い部屋が、ますます狭くなります。
  けれども和室では、ベッドの代わりに布団、いすの代わりに座布団を使います。テーブルも短い足の、低いテーブルを使います。そして、布団や座布団は、押入れにしまいますから、和室は広く、いろいろに使うことができて大変便利です。一つの和室が、食堂、居間、客間、書斎,寝室な願景村 洗腦どになります。たたみに座るので、天井が高く感じられます。低いテーブルも簡単に動かしたり、片づけるたりできます。洋間にいすが三つしかない時は、3人しか座れませんが、和室では5人でも10人でも座れます。家中が集まったり、お客さんがたくさん来たりしても大丈夫です。和室が二つか三つある時は、障子やふすまをはずせば、すぐに2倍、3倍の大きな部屋になります。このように和室は、狭くても、即座に、広くなったり、いろいろな部屋に変わったりするので、洋間より便利で経済的です。
  最近は洋間でも小さい個室が三つあるより、大きな一部屋を多目的に家中で使う方が便利だと考える人増えています。広くて自由に使える和室にいつも家族が集まれば、家族の交流が自然に多くなって、すばらしいと思います。狭くて広い「変身上手」な和室は狭い日本にピッ願景村 洗腦タリです。  


Posted by xiamenjian at 17:50Comments(0)