2016年03月31日

秘密保持契約がある

しかしそれでは機動性に欠けるので、条約ごとに大實德環球統領に交渉権限を委任するのです。TPP交渉に関してはこの法律で大統領に権限を委任するわけですが、2014年版は廃案になり、再度15年版が提出されたという経緯があります。

 なぜこういう説明をするかというと、法案の名前に着目して頂きたいからです。14年版の名前は、Bipartisan Congressional Trade Priorities Act 2014。15年版は法律の名前にAccountability(=大統領の説明責任)が追加されています。

 いったいどのように変わったのでしょうか。


 まず、14年版では通商代表はすべての連雅培 乳果糖邦議会の議員との面談に応じなければならず、秘密なものも含めて交渉関連文書へのアクセスを保障しなければならないとされていました。15年版では、これに加えて交渉の合意署名をする60日前に条文全文をインターネットに掲載することを義務付ける条項が新たに加えられました。アメリカは14年版にもあった情報公開条項を15年版ではさらに強化したのです。またUSTR(米通商代表)のホームページでも議員に対する条約交渉に関連するテキストの公開が明記もされました。

 一方日本政府はどうか。議会で私が質問しても、「ので話せない」「全部の交渉が固まるまでは公開できない」「何も決まってない」というばかりです。「ではどこまでがどう秘密なのか。秘密保持契約を公開せよ」と聞いても「それも秘密です」という。そうしているうちにアメリカはどんどん議員や議会に公開し、日本は律儀に秘密保持契約を守っていることになりかねない。彼我の情報格差は広がる酒店管理學位課程ばかりです。  


Posted by xiamenjian at 11:11Comments(0)

2016年03月03日

ている南太平洋



青い空、白い砂浜、白い雲など白っぽい風景があたりを包んでいる。
こうなると飛蚊症は、ありありとその症状を浮き立たせてしまう。
白い砂浜に眼をやると、白い砂の上に2つ3つ。
青い空にも、幾つかチラチラと願景村飛んでいるのがわかる。

そういえば、江戸時代の裁判を司っていた町奉行所は、
白州(しらす)と呼ばれる白い砂利敷となっていた。

今日、かの不正経理で問題のオリンパスの一斉捜査が始まったという。
お白州の裁きへの一歩を踏み出すようだ。
不正経理で暗躍した「ハエ」の正体が、
白州の上で浮き彫りに願景村なるのか?

眼の中にある飛蚊症は見るに耐えないが、
こちらは、見モノである。

ニューカレドニアは、朝市でにぎわうことで知られる。
当地の中心街の一角で、産地から直送される野菜や果物、鮮魚などが売られている。
毎年来ていると わずかずつながら、その賑わいが縮小していることに気づく。
当地はフランス領。

ではあるが自治政府がかなりの力を持っている。
長期にわたって、フランスから独立の方向を示されている。
先日、フランスのサルコジ大統領が南太平洋のスポーツの祭典で当地を訪れ、
フランスに頼り切った自治政府に独立の方向が出ていないことに触れ、
喝を入れたという話雋景がある。
自治政府はフランスから来る観光客とニッケルの産出が二本柱。
容易に独立への舵は切れないようだ。  


Posted by xiamenjian at 12:01Comments(0)